横浜市栄区・大船駅の腰痛・頭痛治療専門

     ひらやま整骨院

ご予約優先制  神奈川県横浜市栄区笠間1-2-11 YKビル2F

   お気軽にお問い合わせください

受付時間
9:00〜13:00/15:00〜19:30
休診日
木曜・日曜午後・祝日
045-390-0021

※友達追加して頂いた後、メッセージをお送り下さい

腰痛の主な原因と種類

腰痛の主な原因

腰痛の主な原因は大きく4つ

  1. 骨や筋肉の痛み
  2. 神経の痛み(神経痛)
  3. ストレスによる痛み
  4. 病気による痛み

 

1.骨や筋肉による痛み

骨同士は椎間関節という関節で連結されており、積み重なった骨が崩れないように周囲を靭帯や筋肉によって支えられています。

こうした腰の組織が損傷したり炎症を起こしたりして痛みを生じます。

腰のケガ、肉離れ、打撲、捻挫、関節痛、骨折など。

2.神経障害による痛み(神経痛)

腰椎の内側には、脳から腰まで伸びる中枢神経「脊髄」や「馬尾神経」が通っています。

これらの神経は腰から無数の細い神経に枝分かれして、足先に向かって伸びています(坐骨神経)
こうした神経が圧迫されたり損傷を受けると、腰から下半身にかけて痛みやしびれを生じます。

病気によって発生することもあります。

3.ストレスによる痛み

原因不明の腰痛の多くには、多かれ少なかれ精神的ストレスなどの問題が関わっていることが、近年の研究によって判明しています。

こうした腰痛でも全身のバランスを整えることにより、痛みが改善することが多いです。

4.内臓の病気による痛み

胃、肝臓、腎臓といった内臓や女性の子宮など、体内の臓器・器官の病気によって腰痛が起こることがあります。
臓器周辺に発生した痛みが腰にまで響いたり、病巣が腰の近くの組織まで広がって痛みを生じたりします。

多くの場合、病気の種類によっては原因の特定が困難なケースもあります。

腰痛の種類

ぎっくり腰(急性腰痛症)

重いものを持ち上げたり、勢いよく立ち上がったり、ちょっとした動作をした瞬間に突然腰に

激しい痛みが走り動けなくなる。

筋・筋膜性腰痛

腰まわりの筋肉疲労による痛み(筋肉痛・挫傷・捻挫・肉離れなど)

腰痛症

レントゲンなどの画像をみても腰まわりの組織に異常がなく、明らかな原因を特定できない腰痛の総称

◆骨や椎間板の変形

椎間板症

椎間板が押しつぶされたり亀裂が入った状態。病状が進行すると椎間板ヘルニアになる

 

椎間板ヘルニア

椎間板が押しつぶされ、中にあるゼリー状のクッションが外に飛び出した状態

 

腰椎分離症(すべり症)

椎骨を支える椎間関節が骨折して分離したり、分離したことで椎骨が前方にずれる障

 

脊柱管狭窄症

背骨の神経の通り道が狭くなり神経が圧迫される障害

 

変形性腰椎症

腰部の背骨が変形したもの

 

骨粗鬆症

骨の密度が減り、骨の内部がスカスカになってもろくなる病気

 

脊椎側弯症

背骨が左右に歪んて曲がってしまう病気

 

リウマチ性多発筋痛症

ウイルスや細菌などの外敵から体を守る"免疫システム"に異常が発生する病気「膠原病」の一種

 

強直性脊椎炎

背骨や骨盤の関節組織が何らかの原因で骨に変わり、骨同士がくっついてしまう病気

 

腰椎の細菌感染や腫瘍

化膿性脊椎炎

細菌が侵入して炎症を起こし膿(うみ)がたまる病気。

 

脊椎カリエス(結核性脊椎炎)

結核の原因となる結核菌が脊椎に感染して炎症を起こす病気

 

脊髄腫瘍・脊椎腫瘍

脊髄(中枢神経)や脊椎(背骨)やにできる、良性または悪性の腫瘍

ご予約・お問合せはコチラ

大船駅笠間口徒歩4分

横浜市栄区・大船駅の腰痛・頭痛治療専門

ひらやま整骨院

お電話でのご予約・お問合せはコチラ

045-390-0021

営業時間:9:00〜13:00 15:00~19:30(最終受付)
休診日:日曜午後・木曜・祝日

LINEはコチラ

※友達追加して頂いた後、LINEでメッセージをお送りください。

腰痛・頭痛の事ならお電話・メールまたは、LINEにて受け付けて

おりますので、ひらやま整骨院へお気軽にご連絡下さい。

原因不明の腰痛

椎間板ヘルニアなど、腰の骨や椎間板の変形が画像ではっきり確認できる障害でも、原因がそこにないことが多いです。

画像と痛みの出方が一致するのであれば、はっきりとした病名で診断を下せます。

腰痛は多くの場合、レントゲン撮影やMRIなどの画像検査を行っても原因を突き止めることができません。

痛みがあるのに、組織に異常が見られないものが腰痛全体の90を占めています。

原因不明の腰痛のことを医学的に非特異的腰痛といいます。

これに対して、画像検査で骨の異常や神経圧迫などが見られる場合には特異性腰痛と呼ばれます。

非特異的腰痛とは医学的用語であり、病院の診断では腰痛症座骨神経痛という名称で呼ばれます。腰痛で病院を受診すると、必然的にこのどちらかと診断されるケースが多くなります。
神経性の痛みと思われる場合は「坐骨神経痛」と診断され、筋肉の疲労やケガなど、神経以外の要因が原因であると思われれば「腰痛症」と診断されます。

ぎっくり腰は腰に激しい痛みがあっても、腰の骨や椎間板には画像で分かるような異常は見当たらないため、腰痛症に分類されます。

なぜ原因がわからないのか?

腰痛の約9割ではっきりとした原因が分からないと言われています。

なぜでしょう⁉

必ずしも腰の組織に明らかな問題が現れるわけではなく、また複数の要因が関係していることも多く、原因の特定が難しいためです。

腰は体の中でも負荷がかかりやすい部位であり、何が負担となっているのか分かりにくいということもあります。

老化、筋力低下、運動不足、疲労蓄積、生活習慣、ゆがみ、肥満など、複合的な要素が考えられます。


LINEはコチラ

※友達追加していただいた後、
LINEでメッセージをお送りください。

お電話でのご予約・お問合せ

045-390-0021

大船駅×整骨院接骨院
【2017年10月時点】

お問合せ・ご予約

045-390-0021

お電話でのご予約・お問合せはコチラです。
お気軽にご連絡ください。

LINEはコチラ

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

新着情報

診療のお知らせ
10/25㈰ 休診となります

院長プロフィール

院長 平山博規
 
資格
  • 柔道整復師(国家資格)

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはコチラ

045-390-0021
LINEはコチラ
※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。
住所

〒247-0006
神奈川県横浜市栄区
       笠間1-2-11-2F

大船駅笠間口から4分

受付時間

午前 9:00~13:00
午後 15:00~19:30

定休日

日曜午後・木曜・祝日